樹脂製ヘッドライトの黄ばみ曇りを直すならレンズクリーナーとスプレー塗装どちらがおすすめ?

  • HOME > おすすめアイテム > ヘッドライトの黄ばみ曇り取りはレンズクリーナーと塗装どっちがおすすめ?

ヘッドライトレンズクリーナーで曇り除去と黄ばみ軽減

 ヘッドライトの曇りや黄ばみは車の古くささを感じさせる最も目立つパーツと言えます。

 以前の車は強化ガラス製ヘッドライトだったので、年数が経っても黄ばむようなことはありませんでしたが、近年のクルマは基本的にヘッドライトが樹脂製パーツ(ポリカーボネート樹脂)で出来ています。

 これは、対人衝突における安全基準に適合するために、ある程度の柔らかさがある樹脂製レンズが採用され始めました。
 つまり、もしも人とぶつかってしまった時にクルマのボディが柔らかい方が、衝撃を和らげて生存率が高くなる訳ですね。特にヘッドライトは接触する確率が一番高いフロント前方に装備されてます。

 しかしながら、樹脂製レンズは紫外線や熱による経年劣化で“黄ばみ”や“曇り”、“細かいヒビ裂傷”が現れてします。これは樹脂パーツにとって避けられない現象ですが、高温にさらされるヘッドライト部はより劣化し易い場所でもあります。

ヘッドライトレンズクリーナーで曇りや黄ばみ除去がおすすめ

 可能であれば、新品と交換がベストな選択でしょうが、ヘッドライトって意外と高価なもの。

 そこで一般の方でも、樹脂レンズを磨く研磨剤レンズクリーナーは値段もお手頃で簡単お手軽です。いろんなメーカーの商品が出ていますし、最近人気の磨かないガラスコーティングクリーナーなどもあります。

 作業時間も数分から10分程度で完了するので、それほど手間が掛かりません。それでいて、車の見た目は一目瞭然で、古くささが無くなって見違えるようにカッコ良くなりますから、ヘッドライトのお手軽メンテナンスにかなりおすすめです。

 ちなみに、ヘッドライトの黄ばみや曇りは大抵、表面の透明な塗装皮膜の酸化によって起こっています。クリア塗装の劣化した表面を落とし、新しいコーティングを掛けてポリカーボネート樹脂本体の劣化(酸化)を抑えることで、いつでも透明度の高いヘッドライトに修復可能になります。

 ただ磨くだけでは、見た目は一時的に綺麗になりますが、将来的に樹脂本体が劣化して交換以外どうしようもなくなるので注意しましょう。

プラスチックヘッドライトを研磨した状況

(下部レンズのみ研磨した状況)

ヘッドライトクリア塗装除去液で施行

(劣化し黄ばんだクリア塗装を除去液で落とす方法)

ヘッドライトにガラスコーティング施行後

(ガラスコーティング施行後)

 見た目が格段に良くなるレンズクリーナー施行は、今や中古車販売業などクルマ屋さんで必須の行程です。

 たかだか数千円で出来るこの作業ですが、ぶっちゃけ売値は数万円〜10万円前後上がると言ってもいいくらい、見た目がガラッと変わります。

ヘッドライトはガラスコーティングで差が付く

 ポリッシュ系ライトクリーナーで仕上がりと持ちが良いのはガラスコーティング仕上げですが、その前に研磨して劣化した古いクリア塗料やコーティング剤をキレイに落とすのがおすすめです。
 磨くだけだと曇ったり焼けたりの劣化が早く、また汚れてる上からコーティングしても透明感に差が出ます。

 レンズクリーナーは、ただ磨くだけのものが大半です。私もいろいろ試してみましたが、正直なところ磨くだけのタイプはまたすぐ曇ってしまいます。
 レンズを研磨するポリッシュ系レンズクリーナーは、できれば何回も繰り返して施行するより、一回行えば長期間クリアなレンズを維持してほしいものです。

 ちなみにレンズ研磨でよくしてしまうミスが、レンズ研磨に使う布(スポンジ等)が“何度も使い回して汚れていること。
 同じ研磨剤だから良いかと思ったら大間違いです。

 研磨剤は、微粒の粒でレンズ(クリア塗装層)を削っています。そして、その削りカスを布で擦り取る訳。
 だから、何度も使い回した布には、たくさんの削りカスと微粒がコビリ付いています。

 それで擦れば、いつまで経ってもレンズに傷を付け続けることに。樹脂製レンズを磨く時は毎回、綺麗な布で行います。

ヘッドライトレンズクリーナー施行後

 上の写真も、向かって右がヘッドライトをリフレッシュ施行後、左が未施行。
 画像が分かりづらいですが、未施行側は黄ばんで曇っています。直に見ると、違いは一目瞭然。

 当方ショップではこちらを使っています。


 研磨剤は高いものも安いものもそれほど変わりませんが、リピカ「ヘッドライトクリアセット」は、研磨しない方法でできる施行の簡単さと仕上がりがかなり良いです。

リピカヘッドライトクリアセットの感想レビュー

 劣化して黄ばんだクリア皮膜をヘッドライトクリア(除去液)で溶かして落としてから、ヘッドライトクリアコート(コーティング剤)で仕上げます。
 作業時間は両目でほんの数十分程度、さらに持ちがまあまあ長い点も断トツです。同業さんもおすすめ。

 ヘッドライトの曇りや黄ばみは、取るだけで断然、車が真新しく見える効果が高いので、少し古い車種を綺麗に乗りたい方にとってヘッドライトのケアは必須です。

樹脂レンズ深部まで変色した黄ばみは、完全には元に戻せません。ですが表面の黄ばみと曇りを除去して透明度を取り戻すだけでも、感動するほど黄ばみの違和感は改善されます。値段もそれほど高価ではないですし、一度お試しあれ。

予算があるなら本格的に再クリア塗装が最強

 誰でも使いやすい市販のヘッドライトクリーナー商品についておすすめを書いてみましたが、予算があるなら本格的にクリア塗装を施行し直すのが当然、一番最強です。
 新車時と同じように強固な塗料皮膜でコーティングすれば、数年から5年ほどは黄ばみや曇りの悩みも全く無くなります。

 だた塗装し直すといっても、市販で買える缶スプレーに多いアクリルラッカー系の1液クリア塗料で樹脂に塗布は駄目。
 皮膜も薄く、さらに樹脂のように柔軟性のある素材では剥離しやすいです。

 プロの板金塗装業者が使うのは、2液混合のウレタン塗料です。

 これは、樹脂本体が内部まで傷んでなければ本当に新品同様に甦ります。ただし、DIYでスプレー塗装を綺麗に行うには技術と根気が必要ですから、安易にはおすすめしません。

 店によって変わりますが、業者にお願いすると片目(片側)で1万5000円〜といったところ。
 車種によってバンパー等を外さないとヘッドライトが外れないタイプも増えてるので、そう言った場合、脱着せずの施行だと安くなる事もあります。

ヘッドライト自家塗装の方法とコツ

 エコの時代ですから、車を長く大切に乗りたい人も多く、自分でヘッドライトを修復メンテナンスする方が増えています。
 中でもこのところ「自分でヘッドライトの自家塗装したい」という声が増えてるので、自分で塗装する方法とコツもご紹介。

 ただ、簡易式のヘッドライトクリーナー商品のように簡単ではないので、施行は自己責任でお願いします。

スプレー缶塗料はウレタン2液クリア塗料を使いましょう。アクリルやラッカーは樹脂面や厚塗りに向きません。メジャーなブランドは「ソフト99」か「ホルツ」のどちらかですが、大概どこのホームセンターにも売ってます。


1、ヘッドライトを磨く

 樹脂ヘッドライト塗装では、劣化して黄ばんだ古い塗装皮膜やコーティング剤を、表面だけでなく完全に落とし、まっさらな樹脂レンズ層を出すのがもっとも大切。
 でも剥離剤など塗装を落とす石油系溶剤は樹脂レンズを傷めるので使ってはいけません。削って落とします。

 業者ではポリッシャーでほとんど削ってしまいますが、DIYであれば耐水サンドペーパー(紙ヤスリ)が、もっとも慎重かつ綺麗に下地処理できるでしょう。

 擦るとはじめは黄色い洗い水になります。どこを擦っても洗い水が完全に白くなるまで全面を隅々まで研磨します。
 樹脂面を少し削るくらいまで落とすと色味が全然変わります。部分的に掛け過ぎず全体的に掛けます。

 かなりゴシゴシ擦って大丈夫。ヘッドライト樹脂は思ったより厚みがあるので、紙ヤスリで擦った程度ではまったく心配ありません。
 ただし、粗目で深い傷を作ると除去が大変になるので、400〜600番くらいから使います。徐々に細目にして1200番くらいまでは面を整えるようにします。

 400〜600番の粗目で劣化した層を完全に落としておき、後の細目は整えるために使います。
 #1200〜#2000までヤスリ掛けすると見た目は白く曇りますが、必要以上に深い傷がなければ全く問題ありません。

 ヘッドライトがクリアに見える一番のポイントとコツは、斜めから見た時の透明感なので、コーナーや角の黄ばみが無い事
 ヘッドライトを外せない場合でも、ボンネットを開けてグリル等邪魔なパーツを出来るだけ外して、コーナーまで研磨すると最終的な出来映えに差が出ます。

 研磨の際は、バンパーやフェンダーパネルなど周りのパーツを削ってしまわないようにマスキングテープを2列ほど貼って保護してからはじめましょう。

2、脱脂して完全乾燥と養生

 研磨処理が終わったら、塗装面の油分を脱脂します。
 油分が残ってると塗料が弾かれてピンホール(穴)やムラ等ができやすく、やり直す事になります。

 石油溶剤系の脱脂は樹脂を劣化させるので、食器用洗剤を少し使うと良いです。

 もちろん洗剤成分が残らないように水で綺麗に洗い流すのですが、乾燥も重要。
 水分が残っていても最悪の状態になるので、脱着せずに作業した場合は特にライト下部のバンパーとの隙間に溜まる水もしっかり乾燥させます。

 乾燥したら車体を養生します。
 ヘッドライトを外した状態なら養生も難しくありませんが、車体に装着したまま吹く際は、養生シートテープなどで厳重にします。

 クリアだから飛散してもそれほど目立たないかもしれないですが、思ったより付着するものです。
 養生シートの隙間や弛みが風に煽られないように、テープでしっかり固定します。

※日当りと風と気温と湿気に注意

 DIYだと野外での作業になるでしょうから、日当りや風、気温、湿気といった環境も仕上がりにかなり影響します。

 まず夏場の直射日光は駄目。気泡が出来る原因になります。かといって冬場の5度以下の日陰など低温過ぎると霜で剥離したり塗料の締まりがなくなります。
 からっと天気が良い昼間の外気温10度以上で日陰が理想でしょう。

 また雨のすぐ後や今にも降りそうな天候など高い湿気も厳禁。
 塗料の霧が綺麗に飛びませんし、載りも悪くなります。

 風の多い日も注意。ゴミやホコリが塗料に付いてしまいます。

 塗装中にゴミや小さい虫などが付いたりしても、基本、取れないと思っていいです。乾燥前の塗料は粘着質なので、無理に取ろうとすると逆に塗装面に修正不可な凸凹ができます。

 これらの条件が必要なので、業者は屋内ブースで吹くのですが、野外だとこの辺は“運”もありますね。。

3、ウレタンクリアスプレー缶の下準備

 2液混合の場合、しっかりと混ぜないと均一な品質が作れません。
 スプレー缶に記載の使用方法をよく読み、2液を混ぜてから吹く前によく振っておきます。

 ちなみに外気温の低い時期に行う場合は、塗料を少し温めると柔らかく広がるので薄塗りが綺麗にやりやすいです。
 温めると言っても湯せんとか、特にストーブの前に置くなんてしないように。暖房の効いた室内に数時間ほど保管しておくだけでも充分に温まります。

 野外で塗布するときも、吹き終わったらスプレー缶はその都度室内に入れるといいです。

4、失敗しづらい塗装の吹き方とコツ

 塗装方法の情報でよく「垂れるぎりぎりの艶が一番いい」なんてコツを見かけますが、こういった素人DIYでは塗装慣れしてる方は少ないでしょうから、厚塗りを狙うと高い確率で液垂れします。特にスプレー缶塗料ですし。
 なので厚塗りはしないやり方を説明します。

 初心者は薄塗りを何回もが基本です。

 1回目はスプレーの霧の感じや付き方などの感覚を覚えながら、パラッとマバラに薄く全体を吹きます。
 2回目以降は薄塗りといってもパラパラと粒が付くような塗り方ではなく、下地面の隙間が出ない均等な薄塗りを目指します。

スプレー自家塗装で失敗しない方法と吹き方のコツ

 手を動かすスピードは一定を心掛け、塗装対象物(ヘッドライト)の外から一直線状に吹き始めます。
 スピードは初め速めで塗ってみて、下地が見えない程度の厚みが出る速度の感覚を覚えるようにします。

 1回の塗りでムラが出ても、それを無理に合わせようと無駄に吹くと垂れるので、同じところを何度も吹かず一度全体的に塗ったら次まで待ちます

 吹いてすぐは艶が出てなくても、1分ほどで馴染んで表面が変わるので、やり過ぎに注意します。

 10〜15分ほど時間を開けて、8回でも10回でも薄く毎回全体的に塗り重ねていきます。
 1回ずつはムラがあっても、4、5回続けてると全体に艶が見えてきます。艶が出てきたら間隔を20〜30分と長くします。

 艶が出始めたら、艶の少ないところを特に意識して、一直線状に薄く重ねていきます。

 塗装面の仕上がり具合(出来の善し悪し)は、止め時にあります。

 全体的にテカテカと厚みのある艶が出たら、塗料がまだ残っていてもそこで終了します。止め時の見極めは吹いたすぐ後ではなく、10〜20分の時間を開けた後の状態を見て決めます。

 だいたい缶スプレー1本でタタミ半畳分くらいの容量だったと思いますから、ヘッドライト2台分程あるはずです。
 それを一度に1台に全部使うには多過ぎます。

 確かにスプレー缶が終わる手前の全体薄塗り1回分までは使えますが、最後の残り液では霧の粒がエアを噛んで不均等になるので、塗装面に気泡を含みやすくなったり吹き出したダマが垂れる原因を作ります。
 まして、欲張って「残りが中途半端でもったいないから」とか無理矢理に最後で厚塗りすると、初めに塗った層が内部で断裂したり、重みで垂れます。最後まで薄塗りを徹底して、残りは捨てるのが上手くいくコツです。

ヘッドライト塗装のサンドペーパー研磨と洗浄後

研磨完了、ウレタンクリア塗装前

ヘッドライトのウレタンクリアスプレー塗布風景

塗装直後

5、仕上がり

 吹き終わって乾燥(硬化)させると、テカテカが引き締まりさらに透き通った表情の光沢に変わります。その状態で表面の仕上がりが納得出来れば、それで完成です。

ヘッドライトのウレタンクリアスプレー塗布後のサイド透明度

(硬化完了、側面からの写真)

 納得できなければ、極細目のコンパウンドで鏡面仕上げします。

 もし磨くのであれば、最低でも1週間以上は期間を開けてから磨きましょう。薄塗りでも回数が嵩めばかなり厚塗りになるので、完全硬化も時間を充分に置きます。
 自然硬化の場合、表面が乾燥していても内部の完全硬化には時間が必要です。

 完全に硬化する前だと、コンパウンドで余計に傷ができて、折角の塗装が無駄になります。

ヘッドライトクリア塗装前の状態

(全行程施行前)

ヘッドライトのウレタンクリアスプレー塗装完了

(完全硬化、塗装完了)

 ウレタン塗料はラッカーなどに比べて強固ですが柔軟な素材なので、自然硬化は出来れば半月からひと月位も間を開けると安心です。

※液垂れの対処法

 もし万が一、液垂れしてしまったらそこで吹き付けは終わりにします。
 さらに吹いても液垂れが悪化してデコボコが酷くなるだけ。そのために毎回薄く全体に塗装していくのが大切なわけです。

 液垂れ部分の対処法は、上記のように塗装面内部までしっかりと硬化させてから、ポコッと出っ張っている液溜まり跡をカッターの腹を使って薄く少しずつ削っていきます。
 必ず刃先ではなく刃の中腹部で、液垂れをスライスしてく要領です。

 このとき深い傷を付けてしまうと、再度吹き直し以外にもう直せません。慎重に大まかな出っ張りを削り落とします。

 最後に#2000サンドペーパーや液体コンパウンド等で優しく表面を仕上げます。

ガラスコーティングも自家塗装も樹脂を劣化させないため

 ヘッドライトのツヤ修復について、レンズクリーナーとクリア塗装の2通り書いてみました。

 レンズクリーナーはお手軽な反面、黄ばみ取りに限界があり、持ちも悪くなります。
 逆にスプレー塗装は手間も掛かり難しいところはありますが、圧倒的に改善できて耐久性も抜群です。

 まあガラスコーティングにしろ、自家塗装にしろ、どちらを選んだにしろ一つ言えるのは、ヘッドライト樹脂本体が酸化劣化しないように保護するのがもっとも大切です。
 本体樹脂が劣化してなければ、何度でも綺麗に戻せるわけですから。

 愛車がいくら古くても、ヘッドライトを手入れすることで、車全体の見栄えや印象も真新しく変わり、愛着も増します。参考になれば幸いです。

新品タイヤが今までの半額で揃う!?
激安輸入タイヤ通販オートウェイの評判がすごい!
ページこちら

ページTOPへ

スポンサーリンク

輸入タイヤ通販MENU
日本タイヤ通販MENU
スタッドレスタイヤ
自動車タイヤの選び方
アルミホイールの選び方
ナンカンタイヤについて
カー用品くるまアイテム
役立つマメ知識
自動車タイヤコラム
車種別タイヤサイズ

※知りたい単語でサイト内検索できます

inserted by FC2 system