輸入アジアンタイヤ ひび割れバーストが危険?

  • HOME > 自動車タイヤの選び方 > 輸入タイヤ(アジアンタイヤ)のヒビ割れバーストは大丈夫?

輸入タイヤのバーストひび割れが不安?

輸入タイヤのバーストひび割れが不安?

 最近ではユーザー数もうなぎ上りに増えている輸入タイヤ(アジアンタイヤ)
 それもその筈で、激安価格は国産タイヤの半額以下が当たり前な上に、性能も充分過ぎるほど高かったりします。

 でも今ひとつ輸入タイヤに換えるのが心配という方が多いのも事実。
 その原因となっているのが、「燃費が悪化した」「ロードノイズがうるさい」、そして最も不安になるのが「ぱっくりひび割れ」「高速でバースト(パンク)」などの噂でしょうか。

 上に挙げたようないかにも劣悪なタイヤというイメージ、実は現実に起こってしまう事もあるんです。

 あ、一つ前置きしておきますが、私は国産・輸入に関わらず数多くのタイヤを経験していますけど、現在日本に流通するアジア製の輸入タイヤはひび割れやバーストの危険も無くコストパフォーマンスも高い、非常に秀逸な商品が多いですし、かなりオススメです。

 ただ、問題が一つあるんですよ。それは不具合とかではなく、使用状況に問題があるんです。

 それは空気圧設定の間違いなんです。

空気圧が足りなきゃバーストひび割れするっしょ!

 実は、通販で人気の輸入タイヤは基本どのメーカーもすべてがETRTO規格という、国産タイヤや国産自動車のJATMA規格とは違う基準で作られています。

 これ別に、規格で品質や性能の差がある訳じゃありません。というか、ETRTO規格はヨーロッパのタイヤ規格で、ミシュランやピレリ、コンチネンタルなど世界的に有名なブランドだってこのETRTO規格に沿って作られてるんですから。

 問題なのは、規格によって空気圧設定に違いが出るという事。輸入タイヤのETRTO規格はJATMA規格よりも空気圧を高く調整しないといけません
 でも、空気圧が低いまま走ってる人が非常に多いのです。。

 皆さんも一度は聞いた事があると思いますが、タイヤの空気圧が足りない状態では、ひび割れ劣化が早くなってパンクしたり、スピードを出すとバーストし易くなったりします。
 そりゃ、車がタイヤに指定する耐荷重性能(負荷能力:重みや負荷に耐えられる能力)に満たない空気しか入れてなければ、フニャフニャたわみ、歪んだまま使い続ければサイドウォールがぱっくり割れたりもしますよ、どんな高品質な国産タイヤでも。

 また、燃費が悪くなったり、ロードノイズが高くなったりもするんですよ、空気圧が低ければ!

 輸入タイヤを実際に使ってみた人の乗り心地や感想インプレで、「柔らか過ぎて駄目」とか「ハンドリングがワンテンポ遅れる」とか言ってるのをよく見掛けますが、「それ、空気ちゃんと入ってる?」って不安になります。

 でもこれ、一般の人だけが悪い訳でもないと思うんです。実はタイヤ専門店のスタッフや自動車販売修理店の整備士など専門のプロでも知らずに間違えてる事が往々にしてあるんです。同業として本当、恥ずかしい話ですが。。

「あそこのクルマ屋さんに指定空気圧入れとけば大丈夫って言われたんですけど。」

「ダメダメ!このタイヤは指定空気圧より50kPa高く入れなきゃ!」

 こんな会話が現実にある話です。。少し馬鹿にしてるんでしょうね、アジアンタイヤとか知らないメーカーだと。
 そう考えると、こんなに空気が低くても何とか耐えちゃってる輸入タイヤが逆に凄いって思っちゃいます。(汗)

 何度も言いますが、今は品質の良い格安な輸入タイヤが豊富にあります。ぶっちゃけ国産の廉価版やエコタイヤなんかより余程高性能なアジアンタイヤが、値段は日本製の半額ほどだったりも普通にあります。

 という事で、国産タイヤには国産タイヤの、輸入タイヤには輸入タイヤの正しい空気圧があるので、既に輸入タイヤを使ってる方は早急に!これから買おうと思ってる方もしっかりと適正数値を確認して、そのタイヤ本来のスペックと上質な使用感を知って下さい。
 車の性能やタイヤの評価うんぬんの前の基本中の基本として、自分の身は自分で守りましょう。

 以下の記事に、タイヤ規格の見分け方ETRTO規格タイヤの空気圧の調べ方も書いていますので、ぜひご覧ください。

タイヤ規格の見分け方は?
⇒「タイヤの空気圧チェックで多い間違いとタイヤ規格」記事こちら

ETRTO規格、XL規格タイヤの空気圧を調べる!
⇒「知らないと危険!ETRTO規格輸入タイヤの適正空気圧」記事こちら

アジアンタイヤを総合評価!
⇒「人気輸入タイヤランキング
ページこちら

ページTOPへ

スポンサーリンク

輸入タイヤ通販MENU
日本タイヤ通販MENU
スタッドレスタイヤ
自動車タイヤの選び方
アルミホイールの選び方
ナンカンタイヤについて
カー用品くるまアイテム
役立つマメ知識
自動車タイヤコラム
車種別タイヤサイズ

※知りたい単語でサイト内検索できます

inserted by FC2 system