高めのタイヤ空気圧 メリット

  • HOME > 自動車タイヤの選び方 > タイヤの空気圧を高めにするメリットは?

タイヤの空気圧は高めが良いって本当?

 あなたは頻繁に空気圧チェックしていますか?
 たぶん、月に一度こまめに点検するのは少数派で、忘れた頃に入れるなんて方が多いのではないでしょうか。

タイヤの空気圧を高めにするメリット

 でも注意しなければいけないのが、タイヤの空気はどんなに高品質なタイヤでも徐々に抜けているということ。タイヤの劣化度合いやホイールリム側の汚れ、タイヤメーカーの品質などでも変わってきますが、その値はひと月で10kPa〜20kPaほど抜けると言われています。

 そのため、頻繁にチェックできない方などは特に、圧力低下を見越してタイヤの空気圧を若干高めに入れるのがおすすめです。

 具体的には、車種別の適正空気圧より10kPa(旧表示だと約0.1kgf/cm2)かそれより気持ち多めに入れるくらい。空気圧を上げるのでタイヤは少し硬くなりますが、この程度なら乗り心地やグリップ性能を損なわない加減ですから、「違いが分からない」という方も多いレベルです。
 しかも転がり抵抗が減るので、多少ですが燃費を改善するメリットもあります。

 もちろん空気圧の上げ過ぎに注意しましょう。
 一般的な国産タイヤは250kPa以上だとグリップ力の低下やタイヤ中心のみの偏摩耗、乗り心地の悪化が顕著になります。そして怖いのは、パンパンに膨れたタイヤは路面との接地面積が減るために制動距離も長くなり、特に濡れた路面ではスリップ現象が起こりやすくなります。

 ちなみに、一般的な市販タイヤは400〜500kPa入れてもバーストする心配はありませんから(亀裂や劣化の激しいタイヤは別ですが)、300kPa以下程度の範囲内なら多く入れたからといって必要以上に不安になる事はありません。乗り味は硬過ぎてちょっとした段差でも不愉快になるほどですが。

空気圧は多いより少ない方が危険

 一番危ないのは適正数値より空気圧が足りない状態です。

 車種ごとの指定空気圧は、その車の車重や走行時の重量バランスなどを考慮して、一番安全で快適な数値を決めています。
 でも適正数値より圧力が低いと、タイヤの耐えられる負荷能力が低下してしまい、コーナリング(カーブを曲がる)の際にヨー(遠心力)に負けてロール(車の傾きや滑り回転)が酷くなったり、低空気圧ではタイヤ形状を維持する力が弱いため、特に高速走行時はタイヤが波を打つスタンディングウェーブ現象が起きやすくなり、加熱を早めてバーストする危険が格段に高まります。

 これらの理由から、タイヤが安全に性能を発揮してくれるためにも、月に一回の空気圧点検と10kPaほど高くするのが良いのです。

 ちなみに断っておきますが、毎日正確に空気圧をチェックしているという几帳面な方であれば、指定空気圧に合わせるのが一番良い事なのは言うまでもありません。

<空気圧まめ知識>

高速道路を走るとき(高速走行)は指定数値より10kPa(約0.1kgf/cm2)ほど上げる」と聞いた事はありませんか?
 これ実は、まだタイヤ技術の低かった大昔の話で、進化したラジアルタイヤが当たり前の現代では、正しい空気圧が入っていればスピードの速い遅いで調整する必要は無くなっています。

 とは言えこのフレーズ、高速に乗る前に空気圧をチェックするキッカケとして凄く良いんですよね。空気圧が指定数値より低いままで高速走行するのは、それこそバースト(パンク)の危険がグンと高まりますから。
 そして高速や一般道に関係なく、チェック時は基準の指定空気圧より若干高めがおすすめされる意味合いからも、未だにこのフレーズがどこでも聞かれるわけです。

ガソリンスタンドで空気圧チェックと補充の落とし穴

ガソリンスタンドで空気圧補充チェックの落とし穴

 大抵の人が車の空気圧チェックにガソリンスタンド(GS)を利用していると思います。ディーラーやタイヤ専門店でも空気圧を見てくれますが、空気圧点検だけで行くのは申し訳ないという人が多いハズ。

 そんなスタンドの誰でも使えるエアゲージ(空気圧測定補充器)ですが、意外と精度の狂ってるものが多かったりします。。
 本当は定期的な調整や交換が必要な精密器具なのですが、いろんな人が使うから壊れ易いんでしょうし、そこまで面倒見てない店も多いのが現実。

 だから±10〜20kPa程度の誤差は本当に良くある事です。
(※もちろん、しっかりと整備してるガススタもあるので一概には言えませんよ!)

 そういった意味でも指定数値より高めに入れる事で、万が一、誤差がマイナスに傾いていたとしても適正数値に近づく利点もあります。

正しい空気圧点検のコツとポイント

 正しく空気圧点検するためのちょっとしたコツとポイントはこちら。

 最近ではGSでも精度が高いデジタル表示エアゲージが増えていますから、旧式のアナログ(指針)タイプのものではなくデジタル表示タイプを選ぶと誤差が少なくなります。

ガソリンスタンドのデジタル式タイヤ空気圧充填・測定器

 または、自分用に測定専用デジタルエアゲージを買うのも良いと思います。
 ちなみに、エアゲージはタイヤゲージと呼ばれる場合もありますが、タイヤ溝の深さを測るタイヤゲージと間違えないようにご注意ください。


車の指定空気圧がそもそも少ない!?

 さて、ここまでそれぞれの車種が指定する適正空気圧を基準にお話してきましたが、タイヤ規格が違うと空気圧も変えなければいけないのをご存知ですか?

「タイヤをインチアップした」
「海外製タイヤ(輸入タイヤ)を履いている」
なんて方は注意が必要です。

「純正タイヤサイズの国産だから大丈夫」という人、それ本当に日本製ですか?
 通販などの格安タイヤは日本メーカーでもタイヤ規格が違う場合が多々あります。

「タイヤが柔らかい気がする」、「タイヤの両肩が擦り減る」、「そもそもタイヤ規格って?」という方もぜひ以下の記事をご覧ください。

タイヤ規格って何?規格の見分け方は?
⇒「タイヤの空気圧チェックで多い間違いとタイヤ規格記事こちら

ETRTO規格輸入タイヤの正しい空気圧を調べよう!
⇒「知らないと危険!ETRTO規格輸入タイヤの適正空気圧」記事こちら

アジアンタイヤを総合評価!
⇒「人気輸入タイヤランキング
ページこちら

ページTOPへ

スポンサーリンク

輸入タイヤ通販MENU
日本タイヤ通販MENU
スタッドレスタイヤ
自動車タイヤの選び方
アルミホイールの選び方
ナンカンタイヤについて
カー用品くるまアイテム
役立つマメ知識
自動車タイヤコラム
車種別タイヤサイズ

※知りたい単語でサイト内検索できます

inserted by FC2 system