DUNLOPダンロップタイヤ通販 安い国産タイヤの評判

  • HOME > 人気日本タイヤの評価 > ダンロップタイヤの口コミ

DUNLOPダンロップタイヤは先駆的存在

 住友ゴム工業が有する日本国内第2位のタイヤブランド「ダンロップタイヤ」です。

DUNLOPダンロップタイヤ

 イギリスの世界的タイヤメーカーだったDUNLOPタイヤ部門を1985年に住友ゴムが買収し、現在まで日本を始めアジア市場で展開しています。
 住友ゴムは世界シェアでも第6位と、競合ひしめくタイヤメーカーの中でも技術力および信頼度も有数のグローバル企業です。

 ちなみに、北米およびヨーロッパ市場は1999年に住友ゴムと提携したアメリカのタイヤメーカーGOODYEAR(グッドイヤー)が製造・販売しています。

 ダンロップタイヤは1889年の創業以来、革新的なタイヤの開発の先駆者的存在でした。
 空気を含んだゴムタイヤの発明を皮切りに、タイヤにリムを付けて外れにくくする現在のワイドタイヤの原型や、水の上をタイヤが高速で通過すると水に浮いた状態になりグリップ力が低下するハイドロプレーニング現象の初解明など、現在の高性能タイヤでも採用され続ける技術をいち早く取り入れる多くの歴史があります。

ダンロップタイヤの乗り心地や印象

 近年では、世界初の石油外資源100%の「エナセーブ100」を発表し、今まで石油に頼ってきた合成ゴムから天然ゴムやトウモロコシ、菜種油といった天然資源から創成し、化石資源からの脱却の先駆けとなっています。

 「エナセーブ」シリーズは生成時・使用時・廃棄時のすべてにおいてCO2の削減を達成するだけでなく、転がり抵抗が少ない天然ゴムによって燃費性能の向上効果も高まっています。

 ちなみに2014年にグッドイヤーから提携解消の申し入れがあったため、将来的にはDUNLOPという名称が変わったり、商品内容が大きく変革するなどが予想されます。
 とはいえ、現在の日本市場でも住友ゴムが一手に生産・販売を行っており、今まで通り住友ゴムブランドとして展開される訳で、信頼の日本タイヤメーカーである事に変わりありません。

 現在ダンロップでは、「エナセーブNEXT」や「エナセーブ100」などENASAVEシリーズ、コンフォートタイヤの「VEURO VE303(ビューロブイイー)」「LEMANS4(ルマンフォー)」、プレミアムタイヤ「SP SPORT MAXX」シリーズ、スポーツタイヤの「DIREZZA(ディレッツァ)」シリーズ、スタッドレスタイヤ「WINTER MAXX(ウィンターマックス)」「DSX-2」などがあります。

ダンロップタイヤのプレミアムタイヤが上質

ダンロップタイヤの評判と感想

 エナセーブが目立ちがちなDUNLOPですが、フラッグシッププレミアムタイヤ「SP SPORT MAXX」は高級ハイパフォーマンスカー向けとして、高速安定性やハンドリングといったスポーツ走行だけでなく、静粛性や乗り心地も高めた上質なタイヤとして評判です。
 実際に乗ってみた感想としても、運転する楽しさを高めてくれる機敏さと快適性能を両立した素晴らしい印象です。

 高級外車の純正装着タイヤでも高く評価されており、メルセデスベンツSLクラス・EクラスクーペやアウディRS6・A5、BMW7シリーズ、ジャガーSJなどなど、そうそうたる高出力マシンの信頼の足として選ばれています。
 こういった高級車タイヤとして選ばれるには、モンスターエンジンの圧倒的なパワーを支える確かなグリップ力だけでなく、ハイクオリティなコンフォート感も必要不可欠です。

 現在、「SP SPORT MAXX GT」「SP SPORT MAXX TT」SUV専用「SP QUATTRO MAXX」があります。

ダンロップDIREZZAスポーツタイヤ

 ダンロップタイヤのスポーツカテゴリは「DIREZZA(ディレッツァ)」シリーズです。

 サーキット走行をターゲットとした「DIREZZA Z2 STAR SPEC」と一般車用「DIREZZA DZ102」がありますが、DZ101から進化したDZ102はスポーツ性能だけでなく静かさや乗り心地の快適性能や耐摩耗性のロングライフ性能も高バランスで獲得しており、ゴム内部に「ナイロンフルバンド&エッジバンド構造」を採用し、ロードノイズの低減や剛性を向上しています。

 そのため、実際の印象としてはスポーツタイヤというより高品質なプレミアムスポーツの表現が的確かもしれません。
 “走り”も“快適さ”も“長持ち”もといったわがままな希望に最適です。

DUNLOPスタッドレスWINTER MAXXウインターマックス

DUNLOPスタッドレスタイヤ ウインターマックスの性能

 ダンロップのスタッドレスタイヤ「WINTER MAXX(ウィンターマックス)」は、スタッドレスのサイプ(細かい刻み)が他社メーカーに比べてより細かく柔らかい感覚があります。
 そのため、雪や氷に密着してしっかりと引っ掻く印象です。

しかも、柔らかいとは言え減りが早いわけではなく、さらにスタッドレスにありがちな高速走行時のふらつきも悪くありません。さすが日本メーカーといった安心感があります。

 氷雪性能においては、国それぞれの気候や気温によって環境も大きく変わりますから、一概に技術力だけで判断できるものでもありません。
 日本の冬に合わせてテストを繰り返したスタッドレスタイヤという点でも、安心して選べるタイヤブランドです。

激安タイヤ通販相場
⇒DUNLOPタイヤ価格一覧こちら

安いスタッドレスタイヤを考えている方は、こちらの記事も是非ご覧ください。
⇒「おすすめスタッドレスタイヤは?評価と選び方」記事こちら

 

こちらの記事も人気があります↓↓↓

DUNLOPタイヤをどこよりも安く買う方法!
⇒「安くて良いタイヤ通販情報
ページこちら

ホイールは大丈夫?
⇒「タイヤホイールセット通販が人気の理由
記事こちら

 

ページTOPへ

スポンサーリンク

輸入タイヤ通販MENU
日本タイヤ通販MENU
スタッドレスタイヤ
自動車タイヤの選び方
アルミホイールの選び方
ナンカンタイヤについて
カー用品くるまアイテム
役立つマメ知識
自動車タイヤコラム
車種別タイヤサイズ

※知りたい単語でサイト内検索できます

inserted by FC2 system