FALKENファルケンタイヤの評判 安い国産タイヤ通販

  • HOME > 人気日本タイヤの評価 > ファルケンタイヤの口コミ

FALKENファルケンは住友ゴム工業ブランド

 安い国産ブランドと言えば定番の「FALKEN(ファルケンタイヤ)」です。

FALKENファルケンタイヤ

 と言っても世界的大手メーカー住友ゴム工業のブランドの一つで、DUNLOP(ダンロップ)や日本GOODYEAR(グッドイヤー)と並んで展開する世界最高水準の技術があります。

 ファルケンの事を『オーツタイヤ』という呼び名で聞いた事があるかもしれませんが、もともとファルケンは、大阪府泉大津市にあったオーツタイヤ株式会社のブランド名でした。
 ドイツ語でハヤブサの意味を表すファルケンは、スポーツタイヤに付けられたものであり、その意向は今も受け継がれています。

 2003年にオーツタイヤが住友ゴム工業に吸収合併されて、現在に至ります。

FALKENファルケンのタイヤブランド

ファルケンタイヤの評判と感想

 ファルケンのフラッグシップモデルが「AZENIS(アゼニス)」シリーズのFK453とRT615K、スポーティコンフォートタイヤの「ZIEX(ジークス)」シリーズ、スタンダード「SINCERA(シンセラ)」、オールシーズンタイヤ「EUROWINTER(ユーロウィンター)HS449」、そしてスタッドレスタイヤ「ESPIA(エスピア)EPZ」がリリースされています。

FALKENシンセラの印象

 住友ゴム工業にとってダンロップやグッドイヤーとの平行販売となり、一時は縮小傾向にあったファルケンですが、ここへ来て消滅していた往年シリーズ名を復活させ、活性化しています。

FALKENファルケンが住友ゴム工業のキーポイントに

 今まで、売上高世界3位のグッドイヤーと世界5位の住友ゴム工業は近年まで提携関係にあり、北米や欧州市場のGOODYEARとDUNLOPは米グッドイヤーが、日本国内のGOODYEARとDUNLOPおよびアジア市場のDUNLOPを住友ゴムが生産と販売をそれぞれになっていました。

 ところが2013年、米グッドイヤーが提携解消の申し入れを行いました。
それまでダンロップタイヤは、出資比率でグッドイヤーの子会社になっているため、協議の結果によっては今後の住友ゴム工業には、グッドイヤーと関係のないファルケンだけが残る可能性もあるかもしれません。

ファルケンタイヤの使用感

 ファルケンブランドも、北米市場やアジア市場など、ブランド世界進出の足掛かりは既に出来ているため、今後はファルケンの知名度もグッと上がってくると予想されます。

 今後の展開に注目が集まっていますが、とりあえず住友ゴムとファルケンにとって現在の不安定な状況下では、ファルケン躍進に注力すると予想されます。
 とすれば、お手頃で最高品質のタイヤが買えるチャンスとも言え、今が一番買い時のおすすめメーカーです。

 現在もっとも安いタイヤ通販では、小売店利益と流通コストをカットしてさらにお得にありますので、ご参考下さい。

安いスタッドレスタイヤを考えている方は、こちらの記事も是非ご覧ください。
⇒「おすすめスタッドレスタイヤは?評価と選び方」記事こちら

 

こちらの記事も人気があります↓↓↓

FALKENタイヤをどこよりも安く買う方法!
⇒「安くて良いタイヤ通販情報
ページこちら

ホイールは大丈夫?
⇒「タイヤホイールセット通販が人気の理由
記事こちら

 

ページTOPへ

スポンサーリンク

輸入タイヤ通販MENU
日本タイヤ通販MENU
スタッドレスタイヤ
自動車タイヤの選び方
アルミホイールの選び方
ナンカンタイヤについて
カー用品くるまアイテム
役立つマメ知識
自動車タイヤコラム
車種別タイヤサイズ

※知りたい単語でサイト内検索できます

inserted by FC2 system