HIFLY ハイフライタイヤ 人気輸入タイヤの評判

  • HOME > 人気輸入タイヤの評価 > HIFLYハイフライタイヤの口コミ

HIFLYハイフライタイヤ 激安輸入通販で人気の中国製

 驚くほど激安で人気が高い中国タイヤ「HIFLY TIRE(ハイフライタイヤ)」です。

ハイフライタイヤ

 また、世界的にも認知されている中国タイヤメーカー大手の山東恒豊ゴム&プラスチック有限公司の一ブランドであり、アメリカ、ヨーロッパ、中東、オーストラリア、そして日本など、世界80カ国以上に輸出されています。

 現在、タイヤ世界シェア30位ほどですが、潤沢な財源を投じて製造機器を日本やアメリカ、ヨーロッパの最先端装置を導入し、1995年の設立から驚くほど急成長しているブランドです。

 もちろん、世界的に認められるほど確かな品質と信頼を構築しており、ハイフライ製品には、ISO9001規格、TS16949、DOT、ECE規格、GCC、CCC、INMETRO工業規格、BIS、SNI、SONCAP認証規格等をすべてクリアしています。

 特に北米では、激安価格による安定的なシェアと評判の人気があり、アメリカメーカーと間違われるほど、しっかりとした販売網を持っています。

HIFLY HF201ノーマルタイヤ

ハイフライタイヤの評判と感想

 流通しているハイフライタイヤの夏用ノーマルタイヤがHF201です。

 ハイフライのシリーズ中でもコンフォートグレードに位置し、静粛性と快適性能を兼ね備えながらも、耐久性にも配慮され、環境にも優しいエコなタイヤです。

 実際の使用感としては、少し固めの印象があり、その分減りも少なくコストパフォーマンスが断然いいため、ウェット性能は若干低めですが、「夏用タイヤなのでそれほど繊細で無くても良い」という方の評価が多数です。
 もちろんバースト等の心配もなく、高速道路や一般道でも、通常運転なら全く問題はありません。

 唯一、ビード部(襟)の剛性強度的に、無理な引っ張り組み込みなどカスタム使用はおすすめ出来ません。規定サイズによる適正使用は問題なく使えます。

 激安過ぎて逆に不安になるほど圧倒的な価格の安さなので、有無を言わさず人気輸入タイヤの一つです。

HIFLY Win-turi212スタッドレスタイヤ

ハイフライ スタッドレスタイヤ

 Win-turi212(ウィンツゥリ212)は、ハイフライのスタッドレスタイヤシリーズです。

 思った以上に低ノイズで冬季の濡れたウェット路面でもブレーキ性能・グリップ性能において安全性が評価されています。
 そして値段が日本製の5分の1、6分の1も開きがあるほど驚きの低価格。

 これだけ安いと、さすがに失敗しても良いかと思ってしまうほどですが、正直なところ雪道や氷上ではゴム質技術や走行性能で差が出ますから、安さだけで決められません。

 HIFLYスタッドレスの実際の使用感としては、新品時からの氷雪性能の劣化度合いが、他メーカーに比べて早いように感じられます。
 またハイフライタイヤの性能表示では「速度記号」でTやHの時速190キロ以上の速度域に対応しており、その分ゴム質が硬いので、スタッドレスにおける高速安定性や多少の耐摩耗性で優れるかもしれませんが、スタッドレスに必要不可欠な低温状況下でのゴム柔軟度に欠けるため、雪上や氷上でのグリップ力やブレーキ性能では見劣りします。

 そのため、「年に数回程度の雪上で使うだけ」、「一時的なスタッドレスとして長く保たなくても良い」、「雪はほとんど降らないけど念のため」などであれば、激安で揃えられるのでおすすめです。
(日本製や日本の冬に対応した柔らかいゴム質のスタッドレスでは速度記号がQ(160km/hまで)が中心です)

 もちろん値段を考えれば日本製が3、4年保つとしても、安価なハイフライなら2年使っただけでも十分得してしまいますから、損する事はありません。
 その後、サマータイヤとして履き潰す場合を考えれば笑いが止まりません。

 もし積雪の多い雪国の方など冬期は常に雪道やアイスバーンで使うのであれば、台湾製のナンカンタイヤや韓国製のネクセンタイヤ辺りの高性能で安い輸入スタッドレスタイヤがおすすめです。
(これらは速度記号Q指定のスタッドレスタイヤ有り)

 ちなみに、輸入スタッドレスタイヤを考えている方はこちらの記事も是非ご覧ください。
⇒「おすすめスタッドレスタイヤは?評価と選び方」記事こちら

輸入タイヤ通販相場
⇒ハイフライタイヤ価格一覧こちら

 

こちらの記事も人気があります↓↓↓

こんな輸入タイヤが高性能で人気!
⇒「激安輸入タイヤ通販事情を知ってお得に安いタイヤ選び!
記事こちら

ホイールは大丈夫?
⇒「タイヤホイールセット通販が人気の理由
記事こちら

 

ページTOPへ

カー用品くるま快適アイテム
輸入タイヤ通販MENU
日本タイヤ通販MENU
スタッドレスタイヤ
自動車タイヤの選び方
アルミホイールの選び方
ナンカンタイヤについて
カー用品くるまアイテム
役立つマメ知識
自動車タイヤコラム
車種別タイヤサイズ

※知りたい単語でサイト内検索できます

inserted by FC2 system