ヨコハマタイヤ通販 安い国産タイヤの評判

  • HOME > 人気日本タイヤの評価 > ヨコハマタイヤの口コミ

ヨコハマタイヤは世界シェア第8位

 横浜ゴムの世界的タイヤブランド「ヨコハマタイヤ」です。

YOKOHAMAヨコハマタイヤ

 日本国内ではブリヂストン、住友ゴムに続く第3位ですが、国内シェア50%を超える圧倒的なブリヂストンを除き、シェア10%ほどと住友ゴムと良きライバルといった感があります。
 また、世界シェアでも第8位と世界的にも評価の高い国産タイヤメーカーと言えます。

ヨコハマタイヤの具合、使用感

 現在、ヨコハマタイヤでは、フラッグシップモデルの「ADVANアドバン」シリーズ(「ADVAN Sport V105」「ADVAN Sport」「ADVAN dB」「ADVAN NEOVA」など)、低燃費タイヤの「BluEarthブルーアース」シリーズやスタンダードモデルの「ECOSエコス」シリーズ(「ECOS ES31」「DNA ECOS」「S.drive」など)、SUV・オフロード用の「GEOLANDARジオランダー」、スタッドレスタイヤ「ice GUARDアイスガード」シリーズ、ドレスアップ用「PARADA Spec-X」などがあります。

 最近では、韓国タイヤメーカー大手のクムホと技術提携する話題で有名です。

横浜タイヤADVANスポーツ、ADVAN dBの評判

ADVANアドバンの乗り心地や使用感

 「ADVAN」シリーズはヨコハマタイヤのハイエンドモデルとして、SUPER GTなどモータースポーツで培われた技術を投入して、高い品質を誇る評判のタイヤです。

ヨコハマタイヤの評判と感想

 「ADVAN Sport(アドバン スポーツ)」や輸入車用の「ADVAN Sport V105」は、タイヤ側面のサイドウォール部剛性を強化し、走行時のねじれや歪みを低減し、グリップ力やハンドリング性を高めドライ性能やウェット性能を向上しています。

 静粛性や乗り心地を重視するなら、プレミアムコンフォートタイヤの「ADVAN dB(アドバン デシベル)」です。
 新開発コンパウンドのナノパワーゴムによる高い安全性を保持しながら、計算された左右非対称トレッドパターン(溝模様)でロードノイズの低減だけでなくパターンノイズの耳障りな周波数を分散・低減させる高次元の静音性を実現しています。

 運転時の静かさを重視したい方におすすめです。

 「ADVAN NEOVA AD08(アドバン ネオバ)」はヨコハマタイヤ最強のスポーツタイヤとして、レーシングテクノロジーを注ぎ込んだ、ドライ・ウェットを選ばず素晴らしいポテンシャルを持ったスポーティタイヤです。
 耐摩耗性や静粛性、乗り心地などの快適性能を多少度外視してでも、運動性能に重点を置いた贅沢なタイヤと言えます。

 独特のトレッドパターンが非常にかっこいい“見せるタイヤ”としても人気があります。

YOKOHAMAブルーアースは環境に優しく低燃費タイヤ

ヨコハマタイヤEarth-1

 ヨコハマタイヤの主力ラインナップが「BluEarth(ブルーアース)」です。
 耐摩耗性を高めてロングライフを実現しながら、転がり抵抗を抑え燃費を高めるエコタイヤの王道ですが、さらにゴムの品質を高めて乗り心地やウェット性能も向上した上級エコタイヤと言えます。

 ブルーアースの素晴らしいところは、転がり抵抗を抑えながらも制動性やグリップ力を高めるという、両極にある性能を両立している点。
 世界でも評価される横浜ゴムの高度な技術力が伺えます。

 以前のエコタイヤとしてYOKOHAMAには「DNA」シリーズがありましたが、現在は「ECOS(エコス)」シリーズとして低価格化をし、基本的な性能を持った安い低燃費タイヤとして存続しています。

 私の正直な感想としては、エコスシリーズはYOKOHAMAブランドだから高いだけという印象が強く、エコスシリーズを選ぶならスポーティさ(運動性能)を持つ「S.drive」一択で、それ以外は輸入タイヤの上級シリーズの方が値段もさらに安い上に、十分な性能を感じます。

 そして上級シリーズのアドバンは同価格帯のブリヂストンにどうしても分があり、ブルーアースが主力商品となるのも市場の妥当な反応だと感じています。
 とはいえ、ヨコハマタイヤのフラグシップだけあってアドバンの根強いファンも多く、信頼の日本タイヤメーカーです。

激安タイヤ通販相場
⇒YOKOHAMAタイヤ価格一覧こちら

ヨコハマスタッドレスice GUARDアイスガードの氷上性能

YOKOHAMAスタッドレスタイヤ アイスガード5のトレッド面性能

 ヨコハマタイヤのスタッドレス「ice GUARD(アイスガード)」は、さすが日本ブランドと言える高い評判と高品質の氷上性能を持っています。

 正直なところ、雪上性能はトレッド(溝)のブロックパターンと雪の摩擦で、ある程度の性能は発揮できてしまいますが、氷の上は別格です。低温下でのゴムの柔らかさはもとより、氷上の水分をタイヤが吸水・排水しながら限界まで高めた接地摩擦、さらにドライ路面での高い運動性能や耐摩耗性も要求されるのが日本のスタッドレス事情です。

 高度な技術力と何万回にも及ぶ実地試験でしか得られない日本の冬に、ヨコハマスタッドレスは対応していると言えます。

YOKOHAMAアイスガードの使用感と性能インプレ

 ドライ路面の高速安定性ではどうしてもゴム質の柔らかさがフラツキの原因になりますが、本格的な雪国でのユーザー率が高いのは、ヨコハマスタッドレスの信頼できる氷雪性能ゆえ。

ice GUARDアイスガードのトレッドパターン

 現在アイスガード3x(トリプルプラス)から5(ファイブ)まで登場していますが、乾燥路面でのハンドリング性能も高く、ただ柔らかいだけでなく、あらゆる冬の環境でも運動性能を高めたスタッドレスタイヤです。
(※北海道に特化したアイスガードエボリューションがありますが、日本国内でも圧倒的な積雪と寒さを誇る北海道にマッチしたタイヤですので、本州では少し柔らか過ぎる印象です。)

GEOLANDARジオランダー I/Tの評価

 YOKOHAMAスタッドレスではアイスガードの他に、4WD・RV・SUV用の「GEOLANDAR I/T(ジオランダー アイティ)」シリーズもあります。
 トリプル吸収ゴムとブラックポリマー採用で、氷上での制動性能を向上させながら効き目長持ちで転がり抵抗も抑えた、安全性と経済性の高いスダッドレスです。

 ヨコハマタイヤのスタッドレスは、安定した信頼度と品質を持っているイメージがあり、国産の中でも選びやすいメーカーと評価しています。
 国産タイヤメーカーですから価格もそれなりに高いのですが、ブリヂストンやミシュランなどと比べると安い印象があるのも横浜タイヤです。

ちなみに、安いスタッドレスタイヤを考えている方は、こちらの記事も是非ご覧ください。
⇒「おすすめスタッドレスタイヤは?評価と選び方」記事こちら

 

こちらの記事も人気があります↓↓↓

YOKOHAMAタイヤをどこよりも安く買う方法!
⇒「安くて良いタイヤ通販情報
ページこちら

ホイールは大丈夫?
⇒「タイヤホイールセット通販が人気の理由
記事こちら

 

ページTOPへ

カー用品くるま快適アイテム
輸入タイヤ通販MENU
日本タイヤ通販MENU
スタッドレスタイヤ
自動車タイヤの選び方
アルミホイールの選び方
ナンカンタイヤについて
カー用品くるまアイテム
役立つマメ知識
自動車タイヤコラム
車種別タイヤサイズ

※知りたい単語でサイト内検索できます

inserted by FC2 system