車検費用を全額クレジットカード分割やリボ払い出来る店は?

  • HOME > 役立つマメ知識 > 車検費用を全額クレジットカード払い(分割やリボ)できる店を探すには?

車検代を全額クレジットカード支払いしたい方へ

車検代を全額クレジットカード払いできる店を探すには?

 自動車の維持費の中でも、車検費用が一番高額という場合がほとんどだと思います。ですから、いくら2年に1回と言えども、やはりお財布の負担は大きいもの。
 なので、車検代を全額クレジットカードで支払いたい人が非常に多いです。

 確かに、カード払いなら分割払いリボ払いで支払いの負担を軽くできますから、家計も助かりますよね。

 ただ、車検に掛かる料金全部をカード引き落としにできるお店も実際あるにはあるんですが、そういった全額クレジットカード対応可能な店舗はかなり限られます。

 というのも、各地域の陸運局で車検を通す際に、その場ですぐ支払わなければならない法定費用が必要だからです。
法定費用とは、重量税や自賠責保険料、検査登録印紙代、リサイクル料金など国や指定管理法人に支払う料金を指します。)

 ご存知の方も多いかもしれませんが、追加の修理費等なければ一般的に総車検費用の6〜7割ほどが法定費用ですから、もし全額クレジットカード払いにする場合は、車検代行を行うお店やクルマ屋さんがその何万円分もの法定費用を立て替えることになります。
 毎月何十台もの自動車車検を受けていれば、立て替える金額も膨大になるわけで、中小個人経営の整備工場などでは到底難しいんですね。

 正直なところ、全額をクレジットカード決済可能な店舗は、ディーラーや指定工場(民間車検場)、ガソリンスタンド、カー用品店等すべて含めても、車検業務(車検代行業も含む)を行う窓口全体のほんの1割以下じゃないでしょうか。

 ちなみに、各クルマ屋さんのホームページ等に注意書きで“クレジットカード可”と書かれていても、クレジットカードで支払えるのは整備費や車検代行手数料など車検基本料分のみで、法定費用は現金でしか受け付けない場合が圧倒的に多いです。大抵は全額じゃない。

だから、「クレジットカードOKって言っといて、一部しか使えないってなんだよ!」なんて車検当日のトラブルもよく耳にします。。

 全額をクレジットカード払いにしたいのに、もし後で何万円もの法定費用分を「現金でお願いします」と言われても困るでしょうから、そのお店に事前に電話で確認しておきましょう。

で、全額クレジットカード払い可能なお店は?

 車検料を全額クレジットカード払い可能なお店を探すと言っても、このページを読まれてる方は住んでる地域もバラバラでしょうし、車検は当然、お住まいの地元で受けますから、電話帳を開いて一軒一軒電話で確認するなんて面倒ですし、ましてや探しても意外と見つからないもの。

 そこでおすすめなのが「goo車検」です。
“カーと言えばグー”でお馴染みクルマ情報誌Gooのプロトコーポレーションが、全国の巨大な中古車情報網を使って身近な提携業者さんを検索、地元で全額カード払い車検が受けられます

法定費用もクレジットカード決済可能な車検サービス

 もちろん、車検基本料だけでなく法定費用もすべて含めた全額をクレジットカード払いに出来ますから、一時的に高額な現金を用意する心配も手間も掛かりません。

 料金の支払い手続きは簡単にインターネットで完結できます。

 さらに、自宅に車を取りに来て、車検が終わったら家まで届けてくれる「引き取り納車」だから、本当に楽です。
 代車希望車検切れ車にも、WEB申込み時の備考欄に書いておけば対応してくれます。

 goo車検システムの面白いところは、クレジットカードを使う(お金をやりとりする)相手がgooという事なんですね。実際に車検を通して作業する専門業者さんはいたって身近な近所の会社だけど、直接その業者に車検を依頼すると通常はカードが使えないというわけ。
 つまり、車検費用総額をgooが立て替えて全国の提携業者に発注する形です。

 だから全国どこでも全額クレジットカード対応が可能なんですね。

 goo車検の他にもウェブ申込みできる車検取り次ぎ予約サービスはありますが、各地の業者を検索して車検予約できるというだけで、現状ではこういったカード決済を一手に対応した予約サービスは他に知りませんから、さすが車業界でも繋がりと資金力のある大手会社といった感じです。

参考リンク⇒「Goo車検」公式ページ

車検費用の分割払いや後リボ払い変更については、ご自分でお持ちのクレジットカード契約内容の範囲に準じることになります。

全額カード払いOKだと割高な場合あり

 ぶっちゃけた話、全額カード払いOKな場合、持ち込み車検と比べて値段も割高になりがちです。
 同じ車種であれば法定費用は変わりませんが、それ以外の点検整備や代行手数料などが高めの傾向にあります。

 これはクレジットカードを利用すると、カードを使ったお客さん側ではなく、商品を提供してカードを切ったお店側が、使用金額の3〜7%というふうに一定の手数料をカード会社に支払っている理由もあるからです。
 カード会社だって、無料でお金を貸し出すなんて商売が成り立ちませんから。

 私たちが支払い方法をカード分割やリボ払いすれば手数料(利息)を払いますが、1回払い、2回払いなら通常は金利が掛かりませんよね。実はその場合でも利用した店舗側が手数料を払っているから成り立っています。

 私の知り合いには加盟店手数料で10%なんてお店も。この手数料は各カードブランド会社との契約によって変わるんですけど、車検代くらいまとまった金額で10%って結構な金額ですね。

 もちろんカード払いで受け付けても、法定費用や部品代(修理箇所がある場合)はお店が一時的に払わないと車検は通せないですから、そういった資金面でも負担は大きいですし。

 そう考えると、多少割高であっても全額クレジットカードで支払えるなら良いかなと思う人もいるでしょう。無い袖は振れませんから、まとまった金額は難しいけど分割なら大丈夫という事情もやはりあるものです。

カード利用でポイントバックはメリット

 デメリットだけじゃなく、カード利用で貰えるポイントバックはメリットですね。言ってみれば割引みたいなものですから。

 あ、ちなみにカード払いだからって、安く受けてる整備場も当然ありますからね。

 そして中でもおすすめのgoo車検は、“大手で安心”、“確実に全額カード払い”などの評判から年々ユーザー数が増えています。

 最後に、グー車検の注意点が2つ。

 一つは車検依頼は早めがおすすめ
 車検が切れてもお願いできますけど、何かと手間が掛かるのでその分お金も掛かっちゃう。また車検を通すのは地元の業者さんですし、車の混み具合もありますから。

 もう一つはグー車検で使えるカードは、VISA(ビザカード)、Master(マスターカード)、Diners(ダイナーズクラブ)が使用可能とのこと。
2018年7月時点。ブランドの追加・変更もあるかもなので、詳しくは公式ホームページで確認してみてください。)

 

こちらの記事も人気!

新品タイヤが今までの半額以下で揃う!?
激安輸入タイヤ通販オートウェイの評判がすごい!
ページこちら

ページTOPへ

 

輸入タイヤ通販MENU
日本タイヤ通販MENU
スタッドレスタイヤ
自動車タイヤの選び方
アルミホイールの選び方
ナンカンタイヤについて
カー用品くるまアイテム
役立つマメ知識
自動車タイヤコラム
車種別タイヤサイズ

※知りたい単語でサイト内検索できます

スポンサーリンク

inserted by FC2 system