ナンカンタイヤ 具合

  • HOME > ナンカンタイヤについて > ナンカンタイヤの具合は?今と昔

ナンカンタイヤの具合はどうなの?

 ナンカンタイヤが日本で流通し始めた頃は、輸入タイヤといえば韓国製メーカーのハンコックタイヤやクムホなどが激安タイヤとして認知され始めていました。

 正直なところ、確かに日本に登場した当時のナンカンタイヤは、これらの韓国タイヤに比べてもゴム質の悪さや運動性能の低さが感じられる輸入タイヤで、価格に関しては圧倒的な安さがありましたが、まさに「安かろう悪かろう」なメーカーとして、おすすめできるものではありませんでした。

 しかしながら、あれから十数年の時を経て、急速な技術向上とグローバル化をなして、現在では全世界5大陸すべての170カ国以上に出荷されて、高い評価を受けています。
 ISO-9001認証取得を始めとして、ISO/TS16949、欧州基準のパターンノイズ試験成績書第1号、SNI認証、IN認証、欧州"E"MARK認証などなど、世界で通用する高品質タイヤとなっています。

ナンカンタイヤの具合と感想

 NANKANGでは現在30パターンほどシリーズがありますが、中でも人気はプレミアムタイヤの「NS-20」、スポーツタイヤの「AS-1」、「AS-2+」、エコタイヤの「ECO-2+」、そして安定の安さが売りのコンフォート系スタンダードタイヤ「CX668」「RX615」「XR611」辺りが、購入者評価も高く売れています。

ナンカンタイヤは日本と無縁ではない

 台湾メーカーであるナンカンタイヤは、台北の南港に1959年からある老舗ブランドであり、日本の横浜ゴム株式会社と長い間、技術提携してきました。
 つまり世界的に信頼度の高い日本タイヤの流れを受けながら躍進してきました。

 さらに2000年頃から世界に目を向けグローバル化を進めた結果、世界に通用する高い技術力と販売網を獲得しています。

 素直な感想として、今のナンカンタイヤ全般の乗り心地はどちらかと言えばゴム質が硬めで、耐摩耗性の高い印象です。
 これも、日本のようなストップ&ゴーの多い使用環境ではなく、長い距離を延々と走る超ロングドライブ性能に傾いたアメリカやヨーロッパ寄りの仕様となっています。

 とはいえ、日本メーカーのエコタイヤクラスと比べても遜色の無い使用感具合と、圧倒的な価格の安さは、“安くて良いタイヤ”として高く評価できます。

NANKANG夏用タイヤ通販相場
ナンカンノーマルタイヤ通販価格こちら

 ナンカンタイヤの中でも一番売れてる「AS-1」実際のインプレッション!
⇒「ナンカンAS-1の使用感をレビュー!」記事こちら

NANKANGスタッドレスも高評価

NANKANG ESSN-1スタッドレスタイヤの評判と性能

 NANKANGスタッドレスタイヤは輸入アジアンタイヤの中でもトップクラスの性能だと感じています。

 中でも特にESSN-1は実際に日本での走行テストも行なっており、日本の気候と雪質に合わせたゴム質とトレッドパターン(溝模様)が、雪上だけでなく氷上での操作性も高めています。

 そして感動するのは、欧州や北米など長距離と高速走行の使用環境で培った技術も存分に反映されており、低温環境でも柔軟で弾性のあるスタッドレスながら高速安定性がとても高いです。

 国産含め一般的なスタッドレスタイヤに有りがちなフラツキや柔らかい過ぎる乗り心地がありません。

 それでいて国産タイヤに比べて価格も圧倒的に安く経済的なだけに、日に日に評判が高くなるのも頷けます。

ナンカンタイヤスタッドレスの実際の乗り心地や性能を体験していますので、よろしければご覧ください。


ナンカンタイヤをもっと詳しく!

アジアンタイヤ履き替えと輸入タイヤ通販情報

⇒「ナンカンタイヤ輸入タイヤ通販情報」記事こちら


こちらの記事も人気です!



 

新品タイヤが今までの半額で揃う!?
⇒「激安輸入タイヤ通販オートウェイの評判
記事こちら

ページTOPへ

 

輸入タイヤ通販MENU
日本タイヤ通販MENU
スタッドレスタイヤ
自動車タイヤの選び方
アルミホイールの選び方
ナンカンタイヤについて
カー用品くるまアイテム
役立つマメ知識
自動車タイヤコラム
車種別タイヤサイズ

※知りたい単語でサイト内検索できます

スポンサーリンク

inserted by FC2 system