アジアンタイヤは低品質?悪い評判

  • HOMEコラムTOP > アジアンタイヤが低品質で駄目と言われる理由を考察

アジアンタイヤは低品質?その理由を考察

 圧倒的な安い価格から日本でも年々存在感を増すアジアンタイヤ。でもそれと同時に低品質で危険と言われる事も多いです。
 ここではアジアンタイヤが駄目と言われる理由を違った視点で考察します。

 ちなみに私はアジア製輸入タイヤを数多く使ってきて、値段に対する性能には高く評価しています。
 もちろん国産タイヤは世界トップクラスの品質を持つタイヤと体感していますし、どちらの方が良いと言いたい訳ではなく、予算に応じて自分のクルマと理想に合ったものを選べば良いと思います。

 ここで言いたいのは、アジアンタイヤの正しい認識や使用される環境など、多様な要因によって輸入タイヤが悪く評価される間違いをお伝え出来ればと思います。

アジアンタイヤは柔らかい?

 アジアンタイヤはよく「柔らかくてフヤフヤする」と揶揄される事があります。
 でもそのアジアンタイヤ、正しい空気圧で使っていますか?

 ネット通販で人気のアジアンタイヤは国産車の指定する空気圧ではいけません。それについて詳しくはこちらの記事をご覧ください。
⇒「知らないと危険!ETRTO規格輸入タイヤの適正空気圧」記事こちら

 同じ空気圧の場合、JATMA規格空気圧よりETRTO規格空気圧の方が耐荷重能力が低くなってしまい、空気圧が足りない症状となります。
 となれば当然、柔らかくフニュフニュになるのは当たり前。こういった空気圧の認識不足がアジアンタイヤの不評に繋がる要因の一つとなっています。

 ETRTO規格タイヤを車の指定する正しい耐荷重指数の空気圧に合わせると、乗り味や性能はガラッと変わり、国産に引けを取らない素晴らしい印象となります。つまり、国産メーカーだって空気圧不足の状態であれば同じなんですね。

 JATMA規格が基本の国産タイヤメーカーとしてはもちろん、アジアンタイヤの台頭を嬉しく思っていませんから、ユーザーの混乱を招くようなETRTO規格に関する情報をあえて細かく知らせる事はしないでしょう。「適正空気圧を守りましょう!」のひと言で終わりです。

 アジアンタイヤ販売者と使用する私たちがしっかりと知識を持っていきたいところです。

(※ここで挙げるETRTO規格とはETRTOスタンダード規格を指しています。国産タイヤでも一部採用されるETRTO XL規格については公式ページで明記されています。)

アジアンタイヤは若いユーザーが多い

 アジアンタイヤはその安さが一番の人気の秘密ですが、そのため若者ユーザーが多い傾向にあります。そして引っ張りタイヤなど無理の掛かるカスタムにアジアンタイヤが使われる事も多いです。

 もちろん、タイヤの許容範囲内であればインチアップや車高ダウンも全く問題ありませんが、強引にタイヤを引っ張ってキャンバーを極端に寝かせるようなドレスアップカスタムイベント仕様で一般道を普通に走ろうと思う方が間違いです。

 こういった無理なカスタムはやはり若者が多いですから、少ない予算で激安輸入タイヤを選ぶ方も多い。でも頻繁にタイヤを交換出来ないとなれば、バーストやスリップが増えるのも当たり前です。

 アジアンタイヤについて“危険”とか“パンクする”など悪い評判にはこういった無理な使用状況によるものがかなり多いと、つくづく感じています。
 言っておきますが、こんな使い方では国産タイヤであっても同じようにバーストやスリップしますから。

 メーカーひとつとっても好みの使用に合わせたブランドを展開してますから一概に性能は語れませんが、現在のアジアンタイヤはかなり技術も向上して高品質なものが多くあります。
 正直、国産でも低価格路線のスタンダードシリーズを買うくらいなら、アジアンタイヤの方が余程安くて高性能だと思うものも。

 確かに予算を出せば、“静粛性重視”シリーズや“高グリップ性能”のブランドなど一流の品質が国産タイヤにあるのは事実ですが、国産の半額以下も当たり前ながら至って普通に使えるアジアンタイヤだからこそ、ここまで市場シェアを伸ばしているのが現実でしょう。

もっとアジアンタイヤを知るなら、こちらもご覧ください。
⇒「ナンカンタイヤの評判と評価 激安輸入タイヤ通販情報」ページこちら

ページTOPへ

スポンサーリンク

輸入タイヤ通販MENU
日本タイヤ通販MENU
スタッドレスタイヤ
自動車タイヤの選び方
アルミホイールの選び方
ナンカンタイヤについて
カー用品くるまアイテム
役立つマメ知識
自動車タイヤコラム
車種別タイヤサイズ

※知りたい単語でサイト内検索できます

inserted by FC2 system