国産タイヤと激安輸入タイヤの価格差

  • HOMEコラムTOP > 国産タイヤと激安輸入タイヤで悩む境界線は結局値段

国産タイヤと激安輸入タイヤで悩むのはなぜ?

 私は国産タイヤもアジアンタイヤやマイナーメーカーなど安い輸入タイヤもすべてひっくるめて、その性能や乗り心地など使用感の個人的な評価をお伝えしていますが、それもこれも皆、国産タイヤと激安輸入タイヤのどちらを選ぶかで悩む方が非常に多いからです。

 では、なぜ悩むか。
 それはやっぱりタイヤに掛けられる予算、つまりお金の問題でしょう。

 ぶっちゃけ、今までの日本のタイヤ市場は国産ブランドが当たり前で、その他の信用できる海外メーカーはミシュランかグッドイヤーくらい。確かに古くからハンコックやピレリ、コンチネンタルなんかも流通はしていましたが、比率から言えばごくごく少数でした。

 その理由はと言えば、結局「情報が少なく信頼度が低かったから」という点に尽きる気がします。

 車が“進む”、“止まる”には、車体と路面とを唯一繋ぐタイヤの性能が大きく影響するのは誰でも容易に分かりますから、得体の知れないメーカータイヤを気軽に試そうとは思わないのも当然です。

 しかしながら時代の流れとともに、日本のタイヤ市場も様変わりし始めています。

 というのも、安全性の向上による自動車の純正タイヤサイズの大型化や、国産タイヤと激安輸入タイヤの価格差から、どんどんとマイナーブランドを選ぶ人が増えているからです。

 実はこのような流れは世界的に見ても同様に推移しています。今まで世界のタイヤ市場で不動のトップ3だったミシュランタイヤやブリヂストン、グッドイヤーの占有率が、中国や台湾、インドネシアなど激安アジアンタイヤ勢に奪われつつあります。

 正直なところ、「そりゃそうでしょ」って思いますけどね。だって、価格差が2倍〜3倍くらいも違うのに、激安タイヤを使ってみたら想像以上に普通に使えてしまうのですから。

 そりゃ、コンマ何秒を争うレースや厳密な制動距離実験をすれば性能の差もハッキリと出るのかもしれませんが、今現在履いてるタイヤの溝が無くなり寿命が終わりそうな時に切迫した財布事情に迫られれば、誰だって「バーストしたりしなければ、安いタイヤ買って車間距離を開けて安全運転するよ」と思うものです。

 タイヤは消耗品ながら高価な買い物ですからね。

 しかも、実際に使ってみると良い意味で期待を裏切って、「あれ?全然まともに使えるじゃん!」ってなるくらい、今の激安タイヤも性能が向上してるんですよね。

一度激安タイヤを使うと国産タイヤを買うのがアホらしい!?

 国産タイヤに比べてアジアンタイヤ等の激安輸入タイヤは価格が半額以下から3分の1、4分の1ほど安いものもあり、「日本製タイヤ1本分で4本全部新品になる」というのも嘘ではありません。
 それでも普通に使えてしまえば、コストパフォーマンスが良過ぎて比較になりません。

 もちろん格安のアジアンタイヤを酷評する人もいますし、すべての人にとって輸入タイヤの方が良いとは一概に言えませんが、多くの方が納得してしまうのも事実。
 もしこの圧倒的な価格差でしかも乗り心地や性能面でも充分納得できるなら、次はやっぱり国産を買おうなんて思いませんね。

「一度激安タイヤを履くと国産タイヤを買うのがアホらしい」と言うのも当然です。

 では、輸入タイヤを否定する人はどの点が不満なのか。
 その多くが、ロードノイズやパターンノイズといった静粛性(静音性)を挙げます。

 神経質な人にとってタイヤのうるささ(騒音)は一度気になり始めると、苦になって仕方ない ものかもしれません。
 もちろん輸入タイヤメーカーは多くありますし、これはすべての激安タイヤに当てはまるものではありませんけど。

 ちなみに性能面において、皆さんが信奉する日本メーカーだって自動車先進諸国が集まるヨーロッパでは言うほど評価されてる訳じゃありません。
 欧州の大手専門誌などが行うブレーキ性能比較テストでも、YOKOHAMAやTOYOなどは韓国タイヤ勢に一歩遅れを取るような状態。

 それこそ、噂や評判に流されて「国産ならとりあえず大丈夫」と思わされてるようなものです。

 なんだかんだ言って、国内のタイヤ市場は未だ日本メーカーが中心にどっかりと着座して幅を利かせてる緩い状況ですから、海外市場での激しい競争に耐え抜き研ぎすまされていく輸入タイヤ勢にこれからどんどん市場は変化してくのではないでしょうか。

もっとアジアンタイヤや激安輸入タイヤを知るなら、こちらもご覧ください。
⇒「ナンカンタイヤの評判と評価 激安輸入タイヤ通販情報」ページこちら

ページTOPへ

スポンサーリンク

輸入タイヤ通販MENU
日本タイヤ通販MENU
スタッドレスタイヤ
自動車タイヤの選び方
アルミホイールの選び方
ナンカンタイヤについて
カー用品くるまアイテム
役立つマメ知識
自動車タイヤコラム
車種別タイヤサイズ

※知りたい単語でサイト内検索できます

inserted by FC2 system