ガソリンのオクタン価

  • HOME > 役立つマメ知識 > ガソリン燃料のオクタン価とは

ガソリンのオクタン価って何?

 そもそもハイオクとレギュラーってどう違うのか?

「ハイオクの方が値段も高いし、レギュラーガソリンより燃えやすいんでしょ?」

 このように考えている人がいますが、これは間違いです。

 まず、ハイオクとレギュラーの違いはオクタン価で表されます。
オクタン価とは、「ノッキング(異常燃焼)のしにくさ」の指数です。分かりやすく言うと燃えにくさのこと。

 そして、ハイオクガソリンの方が、レギュラーガソリンよりノッキングしにくい(燃えにくい)ガソリンなのです。

 日本工業規格(JIS)で、レギュラーはオクタン価が89以上、ハイオクはオクタン価が96以上と規定されています。(市場に出回っているガソリンのオクタン価平均はレギュラーが90程度、ハイオクが98から100程度です)

 ノッキングしにくいとは、燃えにくいということです。

 ではなぜ、ハイオクガソリンの方がトルク・パワーを出すことができるのか。
それはレギュラーガソリンよりハイオクガソリンの方が燃えにくいため、より圧縮して燃やすことが可能になるからです。

 例えば、ゴム風船を思い浮かべてください。
空気をたくさん入れれば入れる程、割れた時の音と衝撃は大きくなりますよね。
 圧縮率が高い方がより大きな力になることが分かると思います。

 逆にいうとハイオクに比べて、レギュラーガソリンは簡単に燃えてしまうということになります。
 従って、ハイオク仕様の車にレギュラーガソリンを入れると、ハイオクガソリンの着火点よりも早くに燃えてしまい、ノッキングしやすくなるのです。

 また、レギュラー仕様車にハイオクガソリンを入れたときは、ノッキングロスが減り、一見改善されるように思えますが、現在の車はどれも専用ガソリンのオクタン価に精密にセッティングされており、違うオクタン価ガソリンでは点火のタイミングなどが大きくズレてしまい、燃費の悪化や、長期使用によっては最悪の場合、故障を招く可能性も否めません。

 もちろんこれは極論で、数回入れた程度で壊れることは通常ありません。
また、指定オクタン価と違うガソリンが入った場合も想定して、ある程度は車のメインコンピュータが点火タイミング等を調整するので、間違えて入れても気にすることはありません。

 要は、違うオクタン価ガソリンを積極的に入れることの意義や効果は全くないということです。

注意が必要なのは、平行輸入ヨーロッパ車です。
ヨーロッパではオクタン価95以上のガソリンしか市場にない為、そのような車にはレギュラーガソリンは避けた方が良いでしょう。

新品タイヤが今までの半額で揃う!?
激安輸入タイヤ通販オートウェイの評判がすごい!
ページこちら

ページTOPへ

スポンサーリンク

輸入タイヤ通販MENU
日本タイヤ通販MENU
スタッドレスタイヤ
自動車タイヤの選び方
アルミホイールの選び方
ナンカンタイヤについて
カー用品くるまアイテム
役立つマメ知識
自動車タイヤコラム
車種別タイヤサイズ

※知りたい単語でサイト内検索できます

inserted by FC2 system