滑らないスタッドレスタイヤ

  • HOME > スタッドレスタイヤについて > 良いスタッドレスタイヤ滑らないという幻想

良いスタッドレスタイヤは滑らないの?

 氷雪路の経験が少ない人の中には、評判の良いスタッドレスタイヤ、最高に高性能なスタッドレスは滑らないと思ってる方が意外と多くいらっしゃいます。
 でも勘違いしてはいけません。どんなに素晴らしいスタッドレスタイヤでも程度の違いはあれどスリップしたり滑ったりするんです。

 ただ、速度や気温、路面環境など同じ条件下で性能比較してみると、良いタイヤは制動距離が短かったり曲がりカーブで横滑りしにくいという違いが出ます。

良いスタッドレスタイヤは滑らないの?

 また、タイヤを装着する車種の重量や性能によっても当然違いが出てきます。
 自動車の前後重心バランスやABS機能ESC(横滑り防止装置)などの性能差によって制動距離やアンダーステア・オーバーステアなどスリップ具合も変わりますし、4WD(四輪駆動)とFF(フロントエンジン前輪駆動)、FR(フロントエンジン後輪駆動)など、エンジンのマウント場所や駆動輪の数や場所によっても氷雪上での加速性能に大きく差が出ます。

 だから、国産の一番値段が高いスタッドレスを履いたから絶対に大丈夫な訳ではないし、値段の安い輸入スタッドレスタイヤだから滑ると決まるものでもないんです。

 何が言いたいかというと、「このタイヤはかなり性能がいいです」とおすすめすると、「じゃあ滑らないんだね」と反応する方がいますが、どんなスタッドレスでも大小あれど滑ります。
 そういう人に限って、四駆に最高のブランドタイヤ付けたからとスピードを出し過ぎて事故率が高かったりするんです。

いやいや、前回履いていたスノータイヤより効きが悪いんだ」という方もいるかもしれません。もちろん性能差はありますが、次のような違いも顕著に出ます。
 毎年の積雪量が変わるように、雪国では除雪や塩カル散布状況、降雪量、気温によって、毎日同じ時間帯に同じ道を通っていても路面環境は結構違います。

 ちなみに塩カル(塩化カルシウム)は車をサビさせるし嫌われるものですが、道路の凍結を防ぎ、スリップ事故を格段に減らしてくれる大変有り難いものです。そして塩カルが撒かれていないと路面はツルツルに。
 いくら通い慣れてる道でも、塩カル散布の有無や散布量でスタッドレスタイヤのグリップ性能も全然変わってくるのです。
(最近では塩カルより低予算の塩ナト(塩化ナトリウム、つまり塩)も使われたりするので、それでも路面環境が変わります)

 冬タイヤを使った感想は大抵、乗ったときの第一印象で決まります。
 その時もし路面環境が最悪な状況であった場合、いくらそのスタッドレスタイヤが一番日本で評価されてるブランドでも、あなたがそのタイヤに感じるイメージは最低でしょう。

 どんなに良いスタッドレスでも過信は禁物です。

高性能スタッドレス以前に安全運転

 氷雪道路で一番大切なのは、高性能スタッドレスを選ぶ以前にやはり安全運転を心掛ける事です。

 急発進や急ブレーキ、急ハンドルなど「」の付く運転をせず、スピードは極めて控え目に、早めの減速を意識した運転が必要です。

 ちなみに氷雪路では4WDが圧倒的に機動力がありますが、スリップ事故の駆動タイプ別比率では4WDも多くなります。
 これは進む力がいくら高くても、制動性能においては四駆も前輪駆動も後輪駆動もすべて同じレベルだからです。

 そして、4WDは得てして調子に乗ってスピードを出し過ぎてしまい、止まれない状況に陥りやすくなります。

 重要なポイントは、危険要因を出来るだけ減らして事故を起こさない事。
 冬期間は圧雪やアイスバーンなど危険な路面がある事を常に警戒した安全運転を前提に、良いスタッドレスタイヤを選ぶことです。

こちらの記事も人気です!
⇒「輸入スタッドレスタイヤ性能比較ランキング」記事こちら

アルミの傷サビは大丈夫?
⇒「タイヤホイールセットが安い人気は?」記事こちら

車の持つトランクション性能を最大限に発揮させるため、指定タイヤサイズに注意しましょう)
日本製の有名タイヤブランドでも溝の50%摩耗、3、4年程度の履き替えサイクルを推奨しています。無理せず早めの交換を心掛けましょう)
どんなに素晴らしいスタッドレスタイヤでも万能ではありません。安全運転を心掛けましょう)

ページTOPへ

スポンサーリンク

輸入タイヤ通販MENU
日本タイヤ通販MENU
スタッドレスタイヤ
自動車タイヤの選び方
アルミホイールの選び方
ナンカンタイヤについて
カー用品くるまアイテム
役立つマメ知識
自動車タイヤコラム
車種別タイヤサイズ

※知りたい単語でサイト内検索できます

inserted by FC2 system