ZEETEXジーテックス 人気輸入タイヤの評判

  • HOME > 人気輸入タイヤの評価 > ジーテックスタイヤの口コミ

ドバイの世界的タイヤメーカーZEETEX

 ドバイの多国籍企業ZAFCOのタイヤブランド「ZEETEX(ジーテックス)」です。

ZEETEXタイヤ

 ドバイと言えばアラブの砂漠地帯に、世界的大企業が集まる中東の大都市。
 ZEETEXブランドは2005年に設立されたばかりで、まだそれほど歴史はないのですが、ZAFCOは巨大な資本を元に技術導入しジーテックスを急成長させ、世界85カ国で販売されています。

 2012年、スペインApplus IDIADA社のタイヤ性能テストにおいてZT1000が高評価を得た際、韓国・台湾製タイヤの性能比較で上回ったと公表するほど、品質の向上が目覚ましい評価の高い人気ブランドです。
(韓国、台湾メーカーおよび、型番は非公開)

 ドバイメーカーですが製造は中国やインドネシアのため、安い輸入タイヤとして価格を維持し、近年人気を伸ばしています。もちろん中国製やインドネシア製だからといって低品質なわけではなく、多くの日本企業もそうであるようにメーカー本国の技術管理ですべてが決まりますから、バーストや不良などの心配は全くありません。

ジーテックス高性能タイヤZT2000とHP1000

ZEETEXタイヤの評判と感想

 現在、ジーテックスタイヤの主流はZT1000ですが、静粛性と直進安定性、グリップ性能、ウェット性能等、更なるタイヤ性能の向上したZT2000とHP1000が新しく登場しました。

 性能ランク上位となるため価格も上がっていますが「安い輸入タイヤでも性能を求めたい」と思う方は上位タイヤを選ぶといいでしょう。

 実際の使用感インプレでは、安定したハンドリングと乗り心地、グリップ性能など、私としてはZT1000でも充分な評価です。
 日本製タイヤに比べてゴム質が硬めなため「タイヤの溝がすぐに無くなってしまう・・」なんて方には嬉しいのではないでしょうか。

 硬めのタイヤだとロードノイズが気になりがちですが、新型ZT2000やHP1000は共鳴音を低減する技術などの快適性能を高めています。ちなみにゴム質が硬めといってもサイドウォールのクッション性が高く、コンフォートな乗り心地に不満はありません。

ZEETEXスタッドレスタイヤの性能インプレ

ZEETEXスタッドレスタイヤの性能インプレ

「灼熱の砂漠の国ドバイメーカーなのにスタッドレスタイヤってどうなの?」と思うかもしれませんが、ZEETEXスタッドレスはロシアやヨーロッパなどの極寒の地域でも販売されています。

 そこで氷雪性能はというと、やはり低温化でのゴム質の柔軟性がイマイチで、雪上性能では多少のグリップ感を見せますが、氷上性能はあまり期待できません。

 ただ、全く良いところ無しという訳ではなく、乾燥した路面での静粛性や高速安定性はサマータイヤ感覚で走れるくらいに快適で、耐摩耗性も高いです。そしてノーマルと比べれば当然、積雪時のトランクションもあり、言ってみれば“オールシーズンタイヤ”と言った印象です。

 ZEETEXスタッドレスは現在、「S100」「S200」「Z-ICE1000」などが流通していますが、雪を掻くトレッドパターン目(溝模様)として良いのは「S100」です。

 また、使用環境としておすすめは、関東圏など雪のほとんど降らない地域で、いざという時にも安心できるように念のためスタッドレスを履くような方に。価格も驚くほど安い上に突然の降雪でも対応してくれる、そして日常の乾いた道路での耐久性も走行性能も高いので、「国産スタッドレスはすぐ擦り減ってしまう」なんて方に良いと思います。

 雪の多い地域や氷雪路を頻繁に走るような方には、輸入タイヤの中でも高性能で評価の高いNEXEN(ネクセンタイヤ)や、NANKANG(ナンカンタイヤ)がおすすめです。

 ちなみに、輸入スタッドレスタイヤを考えている方はこちらの記事を是非ご覧ください。
⇒「おすすめスタッドレスタイヤは?評価と選び方」記事こちら

輸入タイヤ通販相場
⇒ZEETEXタイヤ価格一覧こちら

 

こちらの記事も人気があります↓↓↓

こんな輸入タイヤが高性能で人気!
⇒「人気輸入タイヤ比較ランキング!
記事こちら

⇒「輸入スタッドレスタイヤ人気比較ランキング!
記事こちら

ホイールは大丈夫?
⇒「タイヤホイールセット通販が人気の理由
記事こちら

 

ページTOPへ

スポンサーリンク

輸入タイヤ通販MENU
日本タイヤ通販MENU
スタッドレスタイヤ
自動車タイヤの選び方
アルミホイールの選び方
ナンカンタイヤについて
カー用品くるまアイテム
役立つマメ知識
自動車タイヤコラム
車種別タイヤサイズ

※知りたい単語でサイト内検索できます

inserted by FC2 system